フルーツギフト専門店 やまさん

フルーツの魅力

フルーツは自然と生産者が奏でる、季節の贈り物です。

フルーツは自然と生産者が奏でる、季節の贈り物です。

近年、生活習慣病患者の増加が著しいですが、自然が作り出すフルーツは健康にも非常によく、世界保健機構(WHO)の「食事と運動に関する世界戦略」で果物の摂取を増やすことを勧告しています。

日本の農業技術と日本人の勤勉さが生産するフルーツは世界に誇るブランド品です。美味しく食べてみんなが笑顔になれる、そして健康の増進にも繋がるフルーツはまさに魅力が沢山詰まっています。

なぜ果物は健康に良いのでしょうか?

  1. 果物に含まれている果糖やショ糖などの糖類は、生活習慣病には影響しません。
  2. 果物は実はとても低カロリー。200g摂取しても、 一日に必要な適正カロリーのおよそ3~5%です。
  3. 食事バランスガイド(理想的な食事の例)では、果物を 一日2つ以上摂取していることが望ましいとされています。

上記のとおり、果物は健康を促進し、体に大変良い自然の恵みです。自然の恵みを受けてできる果物は、もちろん添加物などは一切入っていません。だから、子供から年配の方まで安心して食べられるのです。

どのくらい食べればいい?

果物200gの目安量

「果物200g」というと、温州みかんで2個、リンゴや桃なら1個がだいたいこのくらいの量になります。このくらい無理なく毎日食べられそうです。

もちろん、果物はたくさん食べても大丈夫です。

もともと果物が大好きですでに200g以上摂取している方。200gとは、あくまで目安です。本当はもっと食べたほうが良いくらい。世界的に見たら、果物の推進摂取量200gは少ないくらいです。ヨーロッパやアジアの国々の多いところの摂取量の半分にも満たないのです。